レーザーと光の違い

夏が近づいてくると、ムダ毛の処理が気になってきます。このムダ毛の処理ですが、今や古典的とも言えるのがカミソリや毛抜きを使っての脱毛です。この方法は、自分の好きな時間に自分で行えることがメリットですが、ただ肌トラブルが起きやすい方法でもあります。そこで最近では、クリニックやサロンで脱毛を行うことが一般的となっているのです。

クリニックでの脱毛はレーザー脱毛、エステサロンでの脱毛は光脱毛が主流となっていますが、この両者の違いとはどのようなものなのでしょう。まず、レーザー脱毛ですが、これはメラニン色素に反応するレーザーを照射し、毛根組織を熱で破壊するという脱毛方法です。毛周期に合わせ、5~6回行うことでムダ毛を生えない状態にしてくれます。ただ、施術には痛みを伴うことが多く、料金も高めであることがネックとなっています。

これに対し、光脱毛はレーザーと同じように、脱毛箇所に光を当てるわけですが、この光の強さがレーザーに比べ弱いのが特徴です。出力の弱い光を当てることで、毛根組織にダメージを与え、毛を生えにくくする脱毛方法となります。そのため、レーザーに比べると脱毛期間が1~2年と長くなりますが、痛みがほとんどないため、女性には喜ばれています。

Pocket